iPhone SEを買わずにiPhone5を使い続ける理由。

スポンサーリンク



日本で約4年前に購入して、ずっと使い続けている

”iPhone5″

旅に出る前に、SIMフリーのスマホは購入したのだが、やっぱりiPhoneの方が使いやすくて、使い続けてる。

しかし、最近バッテリーの持ちが、極端に弱い。

朝、100%に充電したとしても、昼ぐらいには20%に、そして突如として、電源が落ちる。。

これは、新しいモノに替え時か?

 

そんな折、うまいタイミングでAPPLEから発売された

新しいiPhone

 

その名も

”iPhone SE”

iphonese

大きさ、デザインはiPhone5s。

そして性能はiPhon6s並み。

嬉しいSIMフリー版もある。

さらに、64GBでも約6万円ほどで買えるらしい。

(昨年でたiPhone6Sは、16GBでも8万円近くする)

んーどしよう。

買おうか迷う。

 

スポンサーリンク

iPhone5の不満点

 

ここでもう一度、今持っているiPhone5の不満点を考えてみた。

  • 大きさ、デザイン:ベスト
  • 容量64GB:ベスト
  • 性能:普通
  • SIM:wi-fiのみで使用可(SIMフリースマホと2台持ち)
  • バッテリー:ダメ

もし、iPhoneSEになって、改善されるのは、

  • 性能
  • バッテリー
  • SIMフリー化

の3つ。

しかし、”性能”と”SIMフリー化”については、現状でもなんとかなる。

一番のネックは ”バッテリー”

 

バッテリーを交換してみる。

 

もし、バッテリーだけでも改善されれば、いまのiPhone5でも、そのまま使えるのでは?

そこで、iPhone5のバッテリー交換を調べてみた。

正規のショップでは、すでに保証期間は過ぎているので、

9400円(税別)/$119(AUD)

約1万円ほど。

iPhoneSEを購入するよりは遥かに安い。

 

そして、街のスマホリペアショップに持ち込み、バッテリー交換ができるか聞いてみた。

約4700円/$59(AUD)

なんと、正規ショップの半額ほど。

iPhoneSEの10分の1以下。

しかも、たった1時間ほどで作業ができるという。

・・・

即決です。

 

待つこと、1時間。

あっという間にバッテリーが交換された。

iphone5-battery

 

見た目はもちろん、全く変わらない。

しかし、ここ2ー3日使ってみて、以前悩まされていた、バッテリー問題はすっかり改善された。

iPhone5 、これからも現役で頑張ってもらいます!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回、iPhoneSEは買わずに、iPhone5のバッテリー交換で、使い続けることにした。

その理由として、

  • 現状のiPhone5に不満がない:デザイン、大きさ、性能面。
  • バッテリーの劣化:リペアショップにて交換。
  • 費用:新規購入の10分の1以下。
  • 盗まれた時のショックが少ない:これから、また旅を再開した時に盗まれたり、壊れたりした時のショックが少ない。

 

新しいものは、確かに性能も良くなり、便利な機能も増え、購入意欲を駆り立たされる。

しかし、今一度、現状の不満点と改善できる方法を探り、妥協できる面を考えてみると、

ぐっと費用も抑えられる。

その抑えられた分を旅資金に回すことができる。

その方が、新たに新しいモノを購入するより、ずっと有意義な”経験”ができると思うから。

 


世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサーリンク



3 件のコメント

  • こんにちは、
    僕もSEを購入しようか迷ってますが多分購入します。
    理由は4Sを使っておりバッテリーはもちろん機能も安定して使えなくなってきたからです。アメリカに入国したら購入します。

    • タツミさん
      4Sからだと買い換えるメリットはあると思いますよ!PACOも以前4Sを使ってましたが、iPhoneの変わりにiPadminiを購入して、今ではそっちをメインに使ってます。
      あとSIMフリー版は海外ではかなり便利ですよ!

  • こんにちは。
    自分も手持ちのスマホは、4年近く前のものばかり(iphone5・nexus5・さらに古いAndroid)です。
    性能に関してやバッテリー部分で、物足りなさを感じることはありますが、提供されているアプリやサービスが最新機種を必要としていないので満足できています。

    今年から、日本でもARの本領を発揮したアプリやサービスが展開される予感がありますが、一般の人に復旧するには年内は難しい(日本の制作会社はアメリカの後を追いかけるので、まだ対応できそうにない)と感じているので、買い替えるとすれば2018年以降で十分と感じています。
    閉鎖的なApple製品に未来を感じなくなったのも大きな要因と言えますが。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください