パースから日帰りで行ける”パースヒル”の観光スポット

スポンサーリンク



パースから東へ約30km。

車で約40分ほど、日帰りで行ける“パースヒル/Perth Hills”について

パースヒルという丘があるわけではなく、“カラムンダ/Kalamunda”“マンダリング/Mundaring”という街の周辺のことを指すようです。

パースを一望できる”カラムンダ/Kalamunda”

 

ジグザグロード/Zig Zag Scenic Dr

その名の通り、道がジグザグと曲がりくねった場所。

地図の中心へ

道幅は車一台分しかなく、当然一方通行。

zigzag

踏み外すと下は、崖というのでご注意を。

zigzag

(途中、転落している車があったり、こわいこわい)

ここからの眺めが絶景!パースのシティーを一望できます。

perth-view

中央に小さくビルが立ち並んでいるところがパースのシティーの中心部、

そして、それ以外の地域にはビルはまったく建っていない。

「パースって本当に小さなシティーなんだな」と改めて感じる。

 

カラムンダ・ナショナルパーク/Kalamunda National Park

 

kalamunda

平地が多いパースで珍しく、トレッキングができる場所。

1周が約4kmほど、1時間半ほどの道のり、途中には”Rock Pool”と呼ばれる、小さな天然のプールがあるという。

だが幾つか入り口があるのか、私たちが入ったルートではたどり着けず、今回は断念。

道々にこの森に生息する動植物の案内があるので、それを見ながら歩くのも面白い。

早朝や夜には動物たちにも会えるらしいので、次回はそういう時間に来てみたい。

th_IMG_4791-15 th_IMG_4809-17

 

スポンサーリンク

西オーストラリアの水元 “マンダリング/Mundaring”

 

100年以上もの歴史を持つ“マンダリング-ダム/Mundaring Weir”

カラムンダからさらに東へ進むこと、約20分ほど、

mundaring-dam mudaring-dam mundaring-dam
  • 容量:6360万kリットル
  • 流域面積:1470㎢
  • 壁の長さ:308m
  • 壁の高さ:42m

引用:watercorporation

1989年に着工し、1902年に完成したこのダムの水は、560km遠く離れた東の町、

カルグーリーまで届けられているというから驚きです。

近くにひときは目立つ煙突のあるレンガ造りの建物が見えてくる。これは当時、実際に使われていたポンプステーションの建物。

mundaring-ponpstation

現在は、中身をミュージアムに改装し、ダムの歴史やどのように建設されていたかを、模型やパネルなどを使ってわかりやすく説明されている。

当時、この土地がなにもない場所であったことが想像できる、そんな土地に、100年以上前の人たちが、ダムを造り、パイプを繋げたことがどれだけ大変だったことか。

th_IMG_4731-10 th_IMG_4753-12

その他、周辺は公園になっていて、親子連れの家族などがピクニックに来ていた。

歴史と自然を感じることのできる、オススメスポットです。

 

まとめ

 

パースから日帰りで来れる観光スポット、パースヒル。

ドライブや軽いトレッキングが楽しめ、マウンテンバイクで山々を駆け巡るのも面白い。

パースはビーチがとても綺麗なのでオススメだが、寒い冬の時期には、

気軽に来ることができるパースヒルはいかがですか?


世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサーリンク