【Guest House】New Kenya Lodge:ナイロビ

スポンサーリンク



 


ニューケニアロッジ/New Kenya Lodge

  • ドミトリー1泊:750Ksh(約750円)、ダブルルーム1500Ksh、シングルルーム1000Ksh
  • トイレ・シャワー共同(ホット・水)、蚊帳、無料チャイ、洗濯可、情報ノート、(簡易キッチン)
  • Wi-Fi:有

※2016年10月の情報です。


設備

私が滞在したドミトリーは、一部屋にベッドは4つ。その上に蚊帳が設置されていた。

窓があるので、室内は比較的明るい。ベッドが3つの部屋もある。
建物が道路沿いにあるため、朝方は車のクラクションで目が覚めることがあった。

ベッドバグが数回出ているらしいので気をつけたい。

トイレは和式と洋式が一つずつ、シャワーは水シャワーとホットシャワーが一つずつ。

毎日こまめに掃除をしているようで、トイレもきれいだったし、ホットシャワーはあったかかった。

洗濯はタライがあるので洗濯しやすい。

屋上や、通路に勝手に干していいようで、たまりにたまった洗濯物もここで全部きれいに洗うことができた。

Wi-Fiは安定してるときと不安定な時がある。
エチオピアに比べると安定しているけれど、皆で集中して使ってる時は調べ物ができない。

キッチンを使ってもいいよ!と言われたけれど、実際に見てみると、リビングの片隅にコンロ一つと鍋が少しあるくらいなので、お湯を沸かしたり、インスタント麺に野菜を入れるくらいの調理しかしなかった。

途中から冷蔵庫が設置されたのでとても便利になった。

スポンサーリンク

備考

  • レセプションではサファリのツアーの申し込みができる。何人で参加しようが値引きは出来なそうで、USD300。
    ただし、ツアー開催の前後1泊ずつ宿泊費無料で提供してくれた。
  • 情報ノートは古い情報が多いが、周辺国だけでなくアフリカ全体、南米、オーストラリアなど広い範囲での情報が書かれていた。
  • 南京虫・蚊がいるので、虫対策をした方がよい
  • ダウンタウンの中にある宿のため、夜の外出は控えた方がよさそうだ。私自身は身構えていたものの、日中は比較的危険な街といった印象は薄かった。
  • 2016年9月26日〜10月5日滞在(サファリ2泊3日を間にはさむ)

 

泊まってみて

  • 移動の日々が続いていたので、久しぶりにのんびりゆっくりできる宿となった。
  • たまった洗濯ものが出来たのもありがたかった
  • 無料で出してくれるチャイがすごく美味しい!
  • 時々スタッフが作っているウガリを食べさせてくれたり、朝食を食べさせてくれたりする。
  • 南京虫がいるという恐怖から逃れることができなかったけど、それ以外はスタッフの対応もいいので居心地がよかった。

 

スポンサーリンク

アクセス

地図の中心へ

ケニヤ側のモヤレから、「モヤレスターバス」でナイロビへ来ると、ナイロビの「モヤレスター支店」に到着する。

早朝だったので、モヤレスターからタクシーで宿まで移動した。

(20-30分、交渉して4人で1,200シリングで行ってもらった。)


世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサーリンク