【ルワンダ ー タンザニア】キガリからキリマンジャロの麓の町、モシへと向かう。

ルワンダ,タンザニア,キガリ,カハマ,モシ,国境越え,バス移動

スポンサードリンク


ルワンダの次なる目的地は、タンザニア。

タンザニアにあるキリマンジャロに登頂できると聞き、行ってみたい!登ってみたい!と思っていたが、お金と時間の関係で残念ながら断念することに。。

しかし、せっかくなのでキリマンジャロだけでもこの目で見てみたいと、キリマンジャロの麓の町、モシまで行ってみることに。

ルワンダのキガリからモシまでは、タンザニアのカハマを経由して向かうことになる。

キガリからカハマまでは快適な新車バスTrinityがおすすめ!

タンザニアへ行くバスチケットはバスステーションのオフィスで購入することができる。

バス会社:Trinty
キガリ-カハマ:8,000フラン/人
キガリ-ドドマ:25,000フラン/人

 

4:00am

眠たい目をこすりながらバス停へ向かう。

今回乗るTrintyのバスが新車のようにピカピカっ!!

今まで旅で乗ってきたバスは中古のバスが多いのか、シートが破れていたり、かなり汚れがひどかったりしたのがほとんどだったが、今回のバスはピカイチにキレイ!

シートがピカピカでほとんど汚れなし!

ゴミなんていつも通路に散乱していたが、ゴミ箱付き。

さらに冷蔵庫付きで、給湯器も付いている。

なんて至れり尽せりなんだ。

スポンサードリンク

ルワンダからタンザニアへ国境越えとビザ取得。

7:00am

国境の町に到着、ここで出国と入国の手続きを行う。

入国の際に、イエローカードのチェックを行われ、またタンザニアは東アフリカ観光ビザの範囲外なので改めてビザを取得する必要がある。

今回タンザニアではモシに一旦立ち寄るが2日ほどの滞在の予定のため、トランジットビザを発行してもらおうと思い交渉するが、モシを経由するのであればダメみたい。

ツーリストビザ:$50

ドドマ経由でストレートにザンビアへと抜ける経路もありその場合、
トランジットビザが発行できるらしい。

トランジットビザ:$30

ちなみにこの国境にあるイミグレーションは、日本の支援を受けて建てられているらしく。こんなところでも日本の国旗をみると少し誇らしい。

カハマの町で一泊する。

16:30pmカハマに到着。

ここで今まで一緒に旅をしてきた旅仲間、きもさまとは一旦お別れ。

彼女はこのまま首都のドドマに行くという。

次の目的地のモシまでのバスのチケットはバスステーションで予約、購入することができる。

長旅がやっと終わってバスから降りた瞬間から、次の行き先への勧誘が待ち構えている。そのあまりのしつこさに脱力。。。

バス会社:MGHAMBA EXPRESS
カハマ-モシ:30,000シリング/人(33,000シリングを交渉)

このまま次のバスで向かいたいところだが、

タンザニアでは深夜に走る夜行バスがない!!

そのため、この日はそのままカハマに一泊する必要がある。
(これがタンザニアの移動で地味に痛いところ、いつも夜行バスを使って宿代を節約していたりしたが今回はそれができない)

 

カハマの街並みは、いたって平凡。

ルワンダ,タンザニア,キガリ,カハマ,モシ,国境越え,バス移動

観光としての場所ではなさそうなので、歩いていると必ずみんな見てくる。

そしてやはりここでも「チーナ、チーナ(中国人)」「チンホンハンホーン」などと声をかけられる。

こちらの人たちは、アジア人は区別できずみんな「チーナ」なのだ。

そして、ケニアでは英語が公用語として使われていたけれど、ここでは英語ができる人と出来ない人との差が激しい。

どこの国でもそうだが、街並みをカメラで撮影していると、自分を撮ってるんじゃないか?!と勘違いして怒ってくる人がいる。十分に注意が必要。

私たちにとっても一泊しかしない町だったので、特に調べてもいなかった。

そのため、宿のアテがない!!

何軒か、ゲストハウスを回ってみたが意外と高く、即決できるところがない。

4件ほど周りようやく見つけることができた。

最近できたゲストハウスらしく、設備がかなり綺麗。

 

カハマからモシまで再び移動の1日。

5:30am

タンザニアの移動の朝は早い。

バスに乗り込むもバス停に大量のバスがいてなかなか出発できない。

朝方は風が涼しく気持ちが良い。

 

日中、休憩を挟みつつバスはアフリカの大地をひた走る。

 

バスの休憩中。

窓の外を見るとなにやらカバンや小物などを看板に貼り付けたものを持っている人が?

なぜそのようなものを担いでいるかと言うと、バスの窓から商品が取れるよう考えられた商売みたい。

なかなか考えられていて面白い。

 

16:30pm

中間の町、アルーシャに停車。

他の乗客がぞろぞろと降りていく、私たちの目的地はモシだったので途中下車の人だろうと思っていたが、どうやら全員が降りないといけないらしい。

訳も分からず降り、モシに行きたいんだと言うと、

なぜか小型バスに乗り換えろと言われ、すでに他の乗客でいっぱいだが、補助席に座らされる。

もともと途中で乗り換えるなんて聞いてなかったので、本当にモシに行けるかドキドキしながら、時々GPSを見てどうやらモシに向かっているようでようやく安心。

 

18:30pm

モシのバス停に到着。そうして今日も移動で1日が終わっていく。

 

 

さて、なんとかモシにたどり着けたので、次回。

「キリマンジャロの麓の町で、キリマンジャロコーヒーを堪能する」


世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサードリンク