【GUEST HOUSE】Jagyar Guest House:カンパラ

スポンサードリンク



ジャガーゲストハウス/Jagyar guest house

  • ダブル1泊:4,5000Ush(約1,353円)、ツイン:50,000Ush(約1,500円)
  • トイレ・シャワー(ホット)、扇風機、テーブル・椅子、テレビ、クローゼット(ハンガー)、バスタオル、石けん、トイレットペーパー、蚊帳、朝食付き
  • Wi-Fi:無

 


ニュータクシーパークで乗り合いバスを降り、疲れていたのもあり中心地近くで探した。バスパークが近くにあると、移動する時にとても便利。

【設備】

ダブルベッド

th_img_3974

ベッドメイキングがきちんとされていて、綺麗なベッド。ベッドバグは出なそう。

 

トイレ・シャワー

th_img_3976

掃除が行き届いていて、とても綺麗。

シャワーはあったかいが、もう少し水圧があれば最高なのに…といった感じ。

 

アメニティ

ここ最近あまり見なかった(最近はテント泊が多いってのもあるけど)、バスタオルと石けん、トイレットペーパーが用意されていた。

消耗品の出費って意外とかさむから、宿についてるとラッキー!っていつも思う。

テレビ

ウガンダでの初テレビ!と思ってつけてみたが、なんとチャンネルは1つしかない?!のかチャンネルボタンが壊れてるのか、あまり楽しめなかった。

 

テーブル・椅子

th_img_3975

部屋にいる時に何かと役に立つ。私たちもスーパーで買い物したものを食べたり、作業スペースとして大いに活用した。

 

蚊帳

ダブルベッドに蚊帳専用のポールが設置されているので、ベットの中の空間を安心して広々と使える!…と思ったら、蚊帳に穴があいていた。残念。

 

朝食

朝8:00-10:00まで。驚いた事に、2人でダブルの部屋に泊まっていて、朝食付きと説明されていたが、なんと朝食は1ベットにつき1人分しか無料でつかないのだそうだ。こちらでは、ダブルベッドに1人で泊まるのが普通なのだろうか。

食事内容はマーガリンをぬったパン(トーストされていない)とミルクティー。

他にも有料で朝食は食べれるが、そそられるものはなかった。

 

Wi-Fi

泊まりに行った時に確認すると、「今日は使えないけど、明日は使えるようになる」と言われ、日曜日で修理できない状態だと言うような内容を言われた。

信用して、翌日確認しに行くと違うスタッフが、「うちにはWi-Fiはない」とのこと。

完全に嘘つかれました…ちなみに、宿にあるレストランで聞けば11:00以降使えるとも言われたけれど、設定画面にWi-Fi名すら出てきてなかったので多分無いと思った方がいい。

スポンサードリンク

備考

  • お掃除さんに頼むとクリーニングサービスをしてくれる。ただし、洗濯物は客室の踊り場に干されるので、他の人に丸見え、物によっては半乾きで戻ってくる。いい匂いはあまりしない。値段は要相談。1点500くらいで計算してそうな感じだった。
  • 宿にレストランとバーがある。夜中までバーの音楽が部屋まで聞こえて来てたので、夜中寝付くまでは少し気になった
  • 10:00チェックアウト
  • 2016.10.9宿泊

 

泊まってみて

  • 部屋は全体的に広くて、キレイなので泊まるには快適だった
  • Wi-Fiを重要視している私たちにとっては、嘘をつかれたのが少し腹立たしかった。Wi-Fiが無いとわかっていれば、別を検討したのに…
  • 朝食が一人分しか付いていなかったので、ちょっとサービスとしてはどうなんだろう?と疑問に思った。先に説明してくれたらいいのに…と。食パンと紅茶だけなので、こだわる必要はないんだけど。

 

アクセス

ニュータクシーパークから徒歩5分なので立地はとてもいい。看板も大きいので見つけやすい。

Maps me で検索可能。

スポンサードリンク