【北半球 VS 南半球】ウガンダの赤道直下で運動会を開催する。

スポンサーリンク



ウガンダには赤道が通っており、カンパラから日帰りで行ける場所にある。

そして今日は、10月10日、体育の日。

日本では秋の風物詩、運動会がいたるところで開かれている頃だろう、

そんな運動会を地球のど真ん中でやってやろうと赤道に向かった。

“赤道/Equator”への行き方

 

カンパラから赤道のモニュメントがある”Equator”までは、乗り合いタクシーで一本で行ける。

タクシー乗り場は“ニュータクシーパーク/ New Taxi Park”

地図の中心へ

 

ここを中心にいろんな場所へ行くことができる。

無数にタクシー(ハイエース)があるので、ここにいるおじさんたちに「マサカ」「イクエーター」と叫んでいれば、そこまで向かうタクシーを教えてもらえる。

taxi

10,000シリングで行けるという話もあるが、

タクシーによっては、7,000シリングで行けるのもあるので、金額も含めて尋ねると安い方のタクシーを教えて貰える。

  • 7,000シリング/人 約2時間

 

地図の中心へ

 

タクシーに乗ってしまえば、あとはお客さんがいっぱにになるまで待機。

10分ほど待って乗客がいい感じで揃うとタクシーは出発する。

そのまま車に揺られて2時間ほど。

道は舗装されているので快適な車の旅。

 

スポンサーリンク

赤道直下で運動会

 

さて、やってきました赤道へ。

ここは道路の脇に赤道のモニュメントがあり、数件のお土産屋さんとレストランがあるだけ。

いつもなら、モニュメントの写真を撮って終わりだが、

今日は違う。

ここで北半球VS南半球、運動会を開催するんだ!!

お土産屋のお姉さんの微笑ましい視線を背に、ささやかに地球を股にかけた運動会が開催された。

まずは、準備運動から

【北半球と南半球を股にかけた反復横跳び】

equator

【赤道の真上で懸垂】

equator

【北半球VS南半球の綱引き】

equator

【赤道と一体になる組体操】

equator

【赤道をスタートに短距離走】

equator

そして、最後は駅伝。

赤道でゴーーーーーール!!!

equator

うん。

満足した!!

 

赤道実験?

 

道路を挟んでレストラン側の道端にある奇妙なもの。

restaurant

これは何だかお分かりですか?

昔どこかで聞いた、北半球と南半球で水の渦が逆になるというやつ。

それを実験で確かめられる装置らしい。

th_img_4081

北半球側は渦が反時計回り、

南半休側は渦が時計回りに、

そして赤道直下では渦が出来ずにそのまま落ちる。

という噂。

結局、私たちはやりませんでしたが、

こういうのも赤道ならではの楽しみかもしれません。

 

スポンサーリンク

赤道を跨ぐレストラン

 

restaurant

道路脇にある有名な赤道を跨いで建てられたレストラン。

北半球側、南半球側どちら側の席に座る?

なんて、ことができるレストラン。

restaurant

せっかくなので食事をしようとしたが、結構なお値段。

しかも閑散期なのかほとんど食材がなく選べる料理がない。

さらに、オーダーしても30分以上待つという。。。

仕方がないので、このまま帰る事に。

 

最後に、お土産屋さんで記念にウガンダ名物ゴリラのTシャツを購入。(20,000シリング)

gorila

帰りは、行きの反対側の道路で、タクシーを拾う。

この時はすんなり拾えたが、車の空き状況などで乗れずに長時間待つこともあるらしい。

また、帰りは10,000シリングと言われたが、

先ほどのお土産屋のお姉さんに帰りは5,000シリングで行けると聞いたので、

それで交渉すると、あっさりと値下げしてくれた。

再び、乗り合いタクシーに2時間ほど揺られ、カンパラの街へ戻った。

 

まとめ

 

  • 乗り合いタクシーで「マサカ」方面へ約2時間ほど
  • 行き:7,000シリング
  • 帰り:5,000シリング
  • 赤道にはモニュメントとお土産屋さん、レストランしかない。

 

今回は大人数で行き、ちょうど体育の日と重なったので、半球と南半球を隔てた場所で運動会を開催できた!

というのはいい思い出になった。

一人で行ったら写真を撮ってすぐ帰ってしまうような場所なので、

時間があれば、行ってみてもいい場所かもしれない。


世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサーリンク