世界の絶景を撮りたい!世界一周に一眼レフカメラ”Canon6D”を持っていく理由。

スポンサードリンク


世界一周をしたいと思う人たちの多くが思うこと、

「日本では見ることができない世界の絶景、風景をカメラで撮りたい!」

かくいう私も、旅をする前から一眼レフカメラにはまり、写真を撮ってきて、

世界一周をするなら綺麗な写真を撮りたい!!

と思っていた。

でも、心の中では、

「一眼レフカメラなんて大きなカメラをぶら下げて、強盗の格好のターゲットじゃないか?」

「いやいや、一生に一度しかないかもしれない旅する機会、せっかくあるカメラを使わないで、置いておくなんて、勿体ない!」

という葛藤がぐるぐる、ぐるぐると。

何度も考え、たどり着いた結論は、

「どうせ行くんだ、最高の写真を撮ってきてやろう!」

もし、後から「一眼レフがあればもっと綺麗に取れたのに、、」

なんて悔しい思いをしないでいいように、

たとえどんなに重くなろうとも、頑張って持って行こう!と決意しました。

さらに、最高の写真を撮るために、腕を磨く必要もあるが、

いままで使ってきた Canon 60D からステップアップ!

憧れのフルサイズ一眼レフ Canon 6D へ乗り換えしました!

 

私が”Canon 6D”を選んだ7つの理由

 

key-visual

出典:http://cweb.canon.jp/

 

  1. フルサイズ画質で撮影が可能
  2. 高感度で撮影が可能(画質が綺麗)
  3. 重さは60Dとほぼ一緒
  4. 中央 AFは−3EVまで対応
  5. GPS/Wifiが付いている
  6. 静音シヤッター撮影が可能
  7. 価格がお手ごろ

 

1.フルサイズ画質で撮影が可能

これについては、正直気分の問題。

いままで使用してきたCanonの中級機一眼レフ60D(APS-C)の画質と、フルサイズの画質と見比べて、ぱっと見で判断できる人はそれほど多くはないはず。

でも、物理的にセンサーのサイズが違うんです!

センサーサイズが違うということは、撮れる情報量が違う。

肉眼では分かりづらいかもしれないが、より極め細やく鮮明に撮ることができる。

旅に出た時に、上手く撮れないのはカメラの所為にしたくない!

そして、憧れであるフルサイズの画質を試してみたい!

という、ワガママから。

 

2.高感度で撮影が可能

th_IMG_9696-1

これは、フルサイズであるということのメリットの一つでもあるが、

基本的に私はフラッシュ撮影を行わない。

あの、目の前だけ明るくなった写真が好きではないので。
(もちろん、ちゃんとしたストロボを使えば、綺麗な写真が撮れるが、今回の旅で持っていくには荷物になりすぎるので)

なので、暗いところで撮影するには、

  • F値の低い明るいレンズを使う
  • シャッタースピードを長くする
  • ISO感度を高くする

という方法になる。

ISO感度を高く設定すればするほど、画像にノイズが現れ粗い画像になってします。

それは、センサーサイズが小さいほど如実に現れ、APS-Cの60Dでは高感度はISO6400と言われ、

フルサイズでは、高感度でISO12800と言われている。

高感度で撮ってもノイズが抑えられるのであれば、三脚が使用しづらい場所にでも使用できるのではと考えている。

(上記の写真はISO12800で撮影)

 

3.重さが60Dとほぼ一緒

60Dからセンサーサイズが大きくフルサイズに変わったのに、重さはほぼ同じ(680g)

旅をする上で、一眼レフの重さは覚悟の上とはいえ、できるだけ荷物は軽くしたい。

そんな希望にビッタリの、ギリギリ妥協できる重量感。

さらに上位機種の5D MarkⅡは、重さ(950g)にたえられるか正直不安。

 

4.中央オートフォーカス( AF)は低輝度限界−3EVまで対応

これも、暗いところでの撮影を想定したメリット。

AFがピントを捉える一つに、輝度の違い(物の明るさ)で判断する。

そのため、明るさが均一な面(真っ白な壁や真っ青な空)をAFで撮ろうとしても、AFが迷ってピントが定まらない。

それは、暗いところでも同じで、暗くなればなるほど、輝度差が少なくなり、AFが迷いがちになる。

そのとき、この6DのAFは-3EVまで対応(中央1点のみだが)している。

簡単に言うと、暗いところでもピントが合いやすくなる。

 

5.GPS/Wifiが付いている

最近のデジカメや一眼レフでは、ほぼ主流になってきつつある機能だが、

購入当時、Canonの一眼レフでは初めて搭載された機種が、この6D。

GPS機能があると、どこでこの写真が撮影されたかを記録することができる。

iPhoneの写真でも記録することが可能だが、後々写真を見た時に、どこで撮ったかを思い出しやすくなる。

(あと、マップにどんどんピンが刺されていくのを眺めるのも好き)

またwifiがあると、スマートフォンとも連携ができ、PCを介さずに写真をスマートフォンに送ることができる。

そうすることで、SNSのアップが簡単になる(正直あまり使っていないが。。)

 

6.静音シヤッター撮影が可能

6Dはシャッター音が静かな静音シャッター機能が付いている。

それによって、人が多い場所や、あまり大きな音を立てられない場所でも、撮影ができる。

それに、なるべく目立たないようにすることで、防犯上もメリットがあると思うので。

 

7.価格がお手ごろ

フルサイズ一眼レフは総じて、価格が高い。

Canonでも最も人気の高い5DMarkⅢでは本体のみで20万は軽く超える。

6Dも、もちろん安い買い物ではないが、5Dに比べると、かなり現実的な値段。

その分、旅費に回せるというもの。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

 

旅に出るときに、多くの人が何らかのカメラを持っていくと思う。

いまは、スマートフォンのカメラも進化して、すごく綺麗な写真が撮れる。

ミラーレスカメラもコンパクトで、綺麗な写真が撮れる。

荷物を少なく、軽くするには、これらを持っていく方が正解かと思っている。

それでも、私が旅に一眼レフカメラを持っていくのは、

「自分のこだわり」

でしかないと思う。

たとえ荷物が増え、重くなっても、盗まれるリスクがあっても、

自分の好きなカメラで、世界のいろいろなものを撮りたい。

という欲求。

 

そして、夢は旅をして撮った写真が、ただの記録としてではなく、

その時、自分たちが感じた感動や感情、その国やそこに住む人々の感情、自然や動物達の生き方、

そういったものを少しでも写真を見てくれた人の、心に届く写真を撮って行きたい。

そのためには、カメラだけでなく、自分の腕と感性をもっともっと磨いていかないと!

th_DSC01498

世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサードリンク