台北市内を散策、”台北101・故宮博物館”

スポンサードリンク


台湾最終日。
本日もあいにくの雨模様。

 

まずは、かつて世界一の高さを誇るタワー

”台北101″

「かつて」という事で、

現在の第一はドバイにある”ブルジュ・ハリファ”(828m)(2014年現在)

台北101は、509.2m

ちなみに、日本一は大阪の”あべのハルカス”(296m)

なんとも圧倒的な差。

 

台北101で、もう一つ有名なものは、新年のカウントダウンからの花火。
テレビなどでも見た事ある人もいるかと思いますが、
ビル全体が火柱になったような圧倒的なインパクト!
新年に台湾に行かれる方はおすすめです。

ビル自体は、商業施設とオフィス層の複合ビル。
最上階まで行くと、展望台があり、台北市内を一望できるという。

th_IMG_1788

しかし、この日は雨のため、外観と商業施設を少し散策。

個人的には、ビルは、実際に近くで見るより、離れて外観の写真を撮りたいなと思う。

 


 

そして、台湾最後の観光は、

”故宮博物院”

中国の歴史を知ることができる、珍しい物が貯蔵されていると
言われており、行ってみる事に。

地下鉄MRTの士林駅からローカルバスが出ています。

かなり大きな建物で、
館内に入るまでも、かなりの距離がある。
また入り口では日本語のガイダンスの機械を借りることもできます。

th_IMG_1799 th_IMG_1810

しかし・・・広い。

広大な館内に彫刻や書、骨董品など
あらゆる物が貯蔵されている。

有名なものは「翡翠でできた白菜」
とても可愛らしく、一見の価値ありです。

しかし、半日ではとても、とても
時間がたりない。。
あと、もっとこういう物に興味を持てたら楽しいだろうな。

お皿や書を見ても何の事やら。。

いつか、こういうものに興味を持ち
楽しめる日が来るのだろうか?

 


 

台北101 / Taipei 101

[Adress]
110 台湾 Taipei City, Xinyi District, Section 5, Xinyi Rd, 7號


台湾国立故宮博物館 / National Palace Museum

[Adress]
No. 221, Section 2, Zhishan Rd, Shilin District、Taipei City, 台湾 111

[Opening Hours]
8:30AM – 18:30PM(木,金:21:30PM)

[Entrance Fee]
100元 / 音声ガイダンス 100元

スポンサードリンク