【Brewery】いま話題のブルワリー「Wild Hop Brewing Company」に行ってみた!

wildhopbrewring,ブルワリー,brewery,ビール工場,ヤリンガップ,おすすめブルワリー,ワイルドホップ,

スポンサードリンク


友だちとのランチで、「今まで行ったことのない所に食べに行ってみたいね〜」と話していた時に、たまたま教えてもらったブルワリー。

今まで行ったブルワリーの中で一番キュンとくる可愛らしさを持っていたので、ぜひとも皆さんに知ってほしいなと思ったので、ご紹介します!

Wild Hop Brewing Company

2019年2月24日にオープンし、Wild Hop Brewing Companyは現在、約2ヶ月ほどが経ちました。

2世帯の家族経営で、ホップや他の野菜などの農業も学びながら、自分たちでビールの材料となるホップも育てているようです。

ブルワリーに来ると気づくと思いますが、入り口付近にも小さな菜園があったり、テラスにホップが育てられているのをみることができます。

このブルワリーで提供されるものは、”できる限り自分たちの手で生み出したい”そんな気持ちが伝わってきます。

お店に着くと、まず初めに私たちを出迎えてくれるのは可愛らしいイラストたち。

このイラストを見ているだけでもワクワクしてきます。

店内

まだまだ真新しさが残っていて、どこもかしこもとっても綺麗です。

お店に入ると広々とした空間が広がっています。やっぱりオーストラリアの建物は天井が高い!

週末などの混雑時でもテーブルの間隔はゆとりをもって設置されているので、窮屈に感じることはありません。

写真では見づらいかもしれませんが、お店の奥にビール工場が設置されているので、ガラス越しに作っている様子を見ることができます。

テラス席

天気の良い日は外のテラスや芝生でビールを飲みながら友達や家族とおしゃべりなんていかがですか?

すぐ目の前には、緑いっぱいの自然と綺麗な湖があるので眺めは最高です!

スポンサードリンク

テイスティングパレット

初めて行くブルワリーで私が必ず頼んでしまうのがビールのテイスティングパレット。

少量で数種類の好きなビールを飲み比べることができるので、お得感があります。

このブルワリーのテイスティングパレットは$16で、4種類のビールを選ぶことができます。

そしておつまみ付き!(ナッツかポップコーンどちらか選べました。)

意外とグラスが大きめなので、運転する方は飲む量に注意が必要かもしれません。
(こんなところにもロゴのホップがあって可愛らしいっ!)

4月現在お店で飲めるビールが9種類なので、自分の好みなどを伝えるとおすすめを教えてくれるし、カウンターで注文する前に気になるビールを試飲することもできます!

私は苦いビールが飲めないので、3つ目の少しサワーなビールが飲みやすくて好きでした。

フードメニュー

フードメニューの数はあまり多くはありませんが、シェフたちが作るスモークやバーベキュー・グリル・ローストなどをした料理は、ビールとの相性の良いものばかりです。

地元で採れた食材の味を活かしながら、季節感の味わえるメニューとなっているようです。

今回私たちが頼んだのは、こちら。

ビートルートとスイートポテトのサラダ、BBQチキン、エビのチリマッスル。

どれもおいしかったのですが、私のイチオシはエビのチリマッスル!

今まで食べてきたチリマッスルとは全然違い、エビの旨味がぎゅーっと詰め込まれていて、ビールそっちのけでひたすら食べるのに夢中になってしまいましたw

とくに上にのっていたパンがもっちもちで、表面をやいてくれているのであつあつで美味しいんです!!

マッスルソースにつけて食べるともう…たまりません。(3きれでは足りずにパンだけ追加注文してしまいましたw)

フードメニューに迷ったら、このエビのチリマッスルをおすすめします!

※フードメニューは変更されることがあります。Facebookページなどで変更時はお知らせしているようです。

ちなみに食べ物の持ち込みもオッケーなんだとか♬

オリジナルロゴが可愛い

このブルワリーのお店の名前通り、「ホップ」がロゴになっています。

お店の入り口前からお店の隅々まで、気づくと可愛いホップのロゴがプリントされています。

普段も着れそうなこのお店オリジナルTシャツやフーディーも販売されています。

本当に色々な場所にロゴが散りばめられているので、ロゴ探しをするのも楽しいかもしれません。

子どもたちに嬉しいプレイパーク

ブルワリーにはたいていプレイパークがあるのですが、このプレイパークのメインは機関車!!!

機関車のハンドルはくるくる動かせるようになっていたり、貨物のところに入って遊ぶこともできるのです。

アーティスティックでもあり、可愛らしさもあり…大人の私でも子どもにまぎれて遊びたくなってしまいます。(…実は子どもがいなくなった後に少し遊んじゃいましたw)

他にも滑り台やお砂場セットも用意されていて、休日のブルワリーは大人もいっぱいでしたが、子どもたちもたくさんでした!

 

まとめ

真新しいということもあるかもしれませんが、ブルワリーで終始ワクワクしていた場所は初めてかもしれません。

ビールや食事はもちろんのこと、眺める景色がすごく美しくて心がすーっとするし、友だちや家族と来るのにはとってもいい場所だなぁと思いました。

ただ、マーガレットリバー からは車で約35分ほどかかる場所なので、気軽に行けるかというとそうではないかもしれません。

今後ブルワリーツアーなどにも加わってくるのではないでしょうか。

ビール好きな方やヤリンガップ近辺へ出かけた際に足を運んでみてはいかがでしょうか。

アクセス情報

Address:1301 Wildwood Road Yallingup 6282
Phone:+61 488 990 154
Open:Monday to Sunday 11:00-18:00
E-Mail:beer@wildhopbeer.com.au
HP:https://www.wildhopbeer.com.au
Facebook:https://www.facebook.com/WildHopBeer/


世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサードリンク