ラオスの首都、ヴィエンチャンの第一印象と見どころ。

スポンサードリンク


ヴァンビエンから、バスで4時間。

ラオスの首都、ヴィエンチャンにやってまいりました。

 

ヴィエンチャンについて、まず初めに驚いたこと。

建物が多い。

車が多い。

道路に信号がある。

そして、バックパッカーに痛いのが、宿が高い。。

 

ヴィァンビエンの自然に囲まれ、

快適安宿に沈没していた私たちにとっては、なんとも居心地が悪い。

 

宿を幾つか回ったが、

薄暗く、ジメジメした部屋で、60,000kip

普通の部屋で、110,000kip

ホテルになると200,000kip

 

しかも場所によっては、南京虫が出るなんて言われるし、、

いろいろ探している中で、トゥクトゥクのおじさんから進めてもらった宿。

80,000kipに決定。

 

あまりの宿のクオリティーの違いに、当日便でヴァンビエンに戻ろうかと思ってしまった。

 


 

ヴィエンチャンの見所

 

ここヴィエンチャンは、首都ということもあり、見所がたくさんある。

中でも、特に有名なのが、

黄金の仏塔

”タートルアン/That Luang”

入場料:5,000Kip

黄金に輝く仏塔は、ラオスの国のシンボルにもなっている。

ブッダの胸骨が収められていると言われているが、定かではない。

仏塔内に入ることはできず、外観のみを見ることができる。

また、毎年11月にはタートルアン祭という、ラオスでも最も盛大な祭典が行われる。

全体が黄金に輝く様は、天気の良い日は特に美しく、

ヴィエンチャンを訪れた際には是非立ち寄っていただきたい。

That-Luang That-Luang

 

まるでパリの凱旋門!?

 

”パトゥーサイ/Patousay”

入場料:3,000Kip

街の中心にはパリの凱旋門に見立てて建設され、

建物の中に入ることができ、最上階からはヴィエンチャンの街を一望できる。

Patousay Patousay

 

市民の憩いの場、メコン川

メコン川沿いは市民の憩いの場として、

様々なイベント、ナイトマーケットや、ダンスエクソサイズなどが行われいる。

メコン側から眺める夕焼けは、絶景です。

mecon-river mecon-river

 

カフェやレストランもたくさん

 

他、マーケットやカフェ、レストランなども多く、

旅行者にとっても過ごしやすい街なのではないかと思う。

(宿が高いことを除けば)

Vang-vieng-market

 


世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサードリンク