美しき世界最長の木造橋 ”ウーベイン橋” の魅力

スポンサードリンク


ミャンマーに来て、行ってみたいと思っていた場所。

”ウーベイン橋 /U Bein bridge”

この橋は、何と言っても木造の橋としては世界最長の長さの約1.2km

しかもその橋はいまでも人々の生活の中で使われているという。

私がこの橋を訪れたいと思ったきっかけは

”夕焼けとウーベイン橋を撮った写真のうつくしさ”

沈む夕日を背にした、橋のシルエット。

行き交う人々。

今にでも崩れてしまいそうな木造の橋。

その写真を見たとき、どれもがとても魅力的で、是非、一度その場に行ってみたいと思っていた。

 

ウーベイン橋への行き方

 

ミャンマーの第二の都市、マンダレーから南に約10kmほど行ったところに、

“タウンタマン湖/Thaung Thaman Lake”という池にその橋は架かっており、”Taung Mingi Pagoda”が橋の入り口に近い。

 

 

私たちは、マンダレーで自転車をレンタル( 2000K/2日間:約180円)

道端のレンタル自転車屋さんに交渉。

二人乗りができるような荷台に座布団がついているのを借りた。

th_IMG_3669-11

道中の道は大通りなので、車の往来はそれなりに多いので自転車で行くなら、お気をつけて。

バイクタクシーなどでも連れて行ってもらえる。

 

スポンサードリンク

橋の魅力とは

 

夕焼けの景色を見たくて、その時間に合わせて午後に出発。

自転車で走ること2時間ほどで到着。

橋の周辺がちょっとした観光地になっており、屋台街が軒を連ねていた。

しかし、往来している人々は観光客より、圧倒的に地元の人たちが多いように感じた。

u-bein-bridge u-bein-bridge u-bein-bridge

橋はさすがに世界最長というだけあって、歩いて渡ると片道約30分。

往復で約1時間の道のり。

観光客用の小舟も出ているので、帰りは小舟を使って帰るのも一興かと思う。

u-bein-brdge

私たちがついた時には天気も良く、日もまだ高かったので、かなり暑かった。

橋では日差しを遮るものがないので、帽子などは必須だろう。

橋の途中には小さな小屋が何箇所かあるので、そこで休憩したりする事もできる。

 

橋を渡りきる頃にはちょうど日も落ち始め、

オレンジ色に染まる雲と湖。

そして、橋のシルエットががとてもうつくしい。

u-bein-bridge u-bein-bridge u-bein-bridge

その中を、行き交う人々。

忙しそうに歩く人。

のびりと湖を眺めている人。

魚を捕る人。

写真を撮る人。

大人から、子どもまで、いろいろな人の生活を

この橋は支えてきている。

本当にこの橋は、地元の人たちにとってはなくてはならない存在なのだなと、肌で感じることができる。

 

160年というウーベイン橋の歴史

 

古都アマラプラの東の郊外にある、タウンタマン湖をまたいで架かる全長1.2kmの橋。この橋は、1849年に王都をインワからアマラプラに移す際に、バガン王の命令により使われない旧王宮のチーク材を使ってつくられた、世界最長の木造の歩道橋。1086本の木製の橋脚がこの橋を支えている。

出典:https://kotobank.jp

実に160年以上の歴史を持っている橋なのです。

実際にその場に立つと、下はチーク材が貼られているだけ。

ところどころに隙間が目立つ。

u-bein-bridge

これが、160年以上のもの間、

何千、何万人という人の行き来を支えていたと思うと驚きです。

(一部コンクリートで補強されているところもありますが)

 

近年は急激な経済成長をしているミャンマー

この橋が、このままの形でいつまで使われるかはわかりませんが、

もし、マンダレーまで来た際には夕日に染まる光景と人々の生活、歴史を感じることができる、

ウーベイン橋を訪れてみてはいかがですか?

u-bein-bridge

世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサードリンク