【簡単レシピ】10分以内!海外でもできる!簡単、手作りなめ茸の作り方

オーストラリア,手作り,簡単,簡単レシピ,なめ茸,えのき茸,クッキング,手料理,ご飯のお供,常備菜,自家製なめたけ,作り置き

スポンサードリンク


Paco

こんにちは!Pacoです。今日はなめ茸を手作りしちゃうよ!

 

 

白いご飯によく合うおかずの一つ。なめ茸。

オーストラリアでは日本食材店に売っていても、高くてなかなか買う機会がないんです!

日本で1人暮らしをしていた頃はたまに瓶詰めのなめ茸を買っていたのですが、手作りはオーストラリアに来て初めて!

実際に作ってみると、簡単すぎて瓶詰めで買うより新鮮で美味しいなめ茸が食べれます。

材料もえのきと基本調味料さえあればできるので、今回そのレシピをご紹介します!

 

 

驚愕!オーストラリアではえのき茸は高級品?!

日本では1袋約100円くらいで買えるえのき茸ですが、私が住んでいるマーガレットリバー では、

えのきは驚愕!!$6(約452円!!!)もするんです!!!!!!(2019年6月現在)

ただ、こちらで購入するえのき茸は、量が日本の倍くらい(360g)入っているのでかなりのボリュームです。

1袋買ったら2回分くらいは楽しめますw

いつも行っているスーパーには売ってないし、普段は高すぎてなかなか買う気にもなれないのですが、

鍋などをするときにはやっぱりきのこ類が欲しくなるので、冬場はついつい手が伸びてしまいます。

半分は鍋に、半分はなめ茸やえのきのベーコン巻き、味噌汁など使い道を分けて貴重なえのき茸を楽しんでいますw

 

 

スポンサードリンク

なめ茸の材料(小瓶1個分)

 

・えのき茸:約200g
・ドライチリ:小1個(お好みで)
・ごま油:大さじ1

○醤油:大さじ3
○酒:大さじ3
○みりん:大さじ3
○だし:小さじ1と1/2
○砂糖:小さじ1と1/2

・酢:大さじ1と2/1

作り方

材料が揃ったら、早速調理していきましょう!

 

1、えのき茸の石づきを切り落とし、3等分に切ります。

 

2、ドライチリを入れる場合は、輪切りにします。

 

3、フライパンにごま油をしき、えのき茸をしんなりするまで中火で炒めます。

 

4、○の調味料とドライチリを加え、まぜながら5分くらい煮詰めていきます。

 

5、仕上げに酢を加えて、煮立たせます。味を見て出来上がり!

 

6、保存する場合は、煮沸消毒した瓶などにいれ、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存します。

※保存期間は目安として1週間〜10日くらいにしています。

 

 

いかがでしたでしたでしょうか?!

今まで瓶詰めで買ってたのがバカらしくなるくらい、身近にある材料でしかも10分もかからず出来てしまうので、

初めて作った時は本当に感動しました。

特に私の住んでいる町では、なめ茸は売られていないので、無性に食べたくなった時は自分で作るようにしています。

すごく簡単にできてしまうので、日本にいる方も海外在住の方もぜひなめ茸が食べたくなったら、手づくりしてみてはいかがでしょうか。

 


Paco

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!
気軽にコメント欄へ感想などいただけると嬉しいです!


世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサードリンク