悪名高きケニアの首都、ナイロビを食べ歩く【日本食&カフェ編】

スポンサードリンク


ケニアの首都、”ナイロビ”

アフリカの少数民族の中でも最も有名なマサイ族や、野生の動物を見に行くことができるサファリツアーの拠点として、

多くの旅行客が訪れ、東アフリカ諸国の中でも最も近代的な大都市。

しかし、それと同時に強盗なども頻発していると言われている、悪名高き都市。

そんな、動物だけではなく、人までも無法地帯なサファリ都市ナイロビの町で数日を過ごした。

 

早朝のナイロビ

 

エチオピアから陸路で入り、モヤレからの移動で辿り着いたナイロビはEastleigh地区にあるモヤレスターのオフィス前、早朝4時着。

こんな時間に外に放り出されたらたまったものではないと、夜が明けるまではバスで待機させてもらうことに。

6時ごろになり、明るくなって来たところで、宿のある町の中心までは、タクシーで行くことに。

タクシー (4人):1200シリング

タクシーからの街中の風景。

人と車でごった返していて、結構建物も薄汚れていて、朝方なのかドンヨリとした空気が不安にさせる。

宿は、日本人宿として有名な「ニューケニアロッジ」

しかし、ロケーションが如何せん悪い。

宿の目の前はバス亭になっていて、もう人、車、人、車、人で溢れかえっている。

宿から一歩出ると、すぐさまサファリツアーの斡旋業者が声をかけてくるし、ドキドキ。

今回はカメラなどはなるべく持ち歩かないようにしよう。

 

スポンサードリンク

ナミビアの町は危険ってホント?

 

私たちはケニアでの目的は、「サファリツアー」だけだったので、基本的にはナイロビの市内だけの散策にとどめた。

ナイロビの市内は、アフリカ屈指の大都会というだけあって、朝のタクシーで見た光景とは違い、高層ビルが建ち並び、おしゃれなカフェはあるし、ファストフードもある。

さらに9月末はジャカランダの季節で、街中のいたるところにジャカランダの紫の花が咲いていて、とても綺麗。

昼間はスーツ姿のサラリーマンが歩いているという、ここが本当にアフリカなのか?と疑うほど、な発展ぶり。

この部分だけをみると、本当に事前情報にあったような怖さは感じない。

ただ、やたらと人が多く、ただ座っているだけの人なんて、働いていないんじゃないか?っていう人もいるし、

オフィス街から少し離れると、結構汚い感じの建物が多くなるし、道端で衣服や、果物、野菜なんかを並べて商売している人も多くなる。

私たちは直接遭遇してはいないが、一緒に旅して来た日本人が、バスの中でポケットを弄られて来たなんて事も聞いて、

やっぱり手放して安全なところとは言えないなと感じたので、滞在中は街中を歩く時でも、周りを気にしながら歩くようにした。

 

ナイロビで食べれる日本食

 

ここナミビアでは、アフリカでは珍しく日本食の食べれるレストランが結構沢山ある。

その中でも、宿から歩いていける焼きうどんなどが食べれるレストランへ行ってみた。

「teriyaki JAPAN」

お店はオープンキッチンで、照り焼きはちゃんと鉄板で焼いているので、これは期待できそう!!

内装も今時のファストフードのような内装で、綺麗な感じ。

ちょっとお値段はするが早速、照り焼きチキンと焼うどんを頼んでみた。

照り焼き丼 650シリング

焼うどん 290シリング

焼うどんは思ったより薄味で、もう少し醤油をきかせて欲しいところ。

照り焼き丼はエチエピアでのインジェラ・パスタ生活が続いていたこともあり、ご飯と甘辛い肉が最高に美味しく感じた。

ケニアのスタバ、”JAVA HOUSE”

ナイロビに着て、よく目にするコーヒーショップに「JAVA HOUSE」というお店がる。

赤字にシンプルな文字と、太陽のロゴがオシャレで、内装もすごく綺麗。

ビジネスマンや、外国人が多く使用している感じで、常に賑わっている。

Wi-Fiもあるので、調べ物などをするにはうってつけ(時々繋がらなかったりもするが。。)

また、コーヒーだけでなく食事もできるので、時間を忘れてゆっくりくつろげる。

ちなみに、ここのコーヒー豆はスーパーでも購入できるので、お土産にもオススメ!

コーヒー:150シリング

ケニアの国民食はフライドチキンとポテト?

 

ケニアでは、いたるところにフライドチキンとポテトが売られている。

定番の「ケンタッキーフライドチキン」はもちろん、見たことないファストフード店、

地元の人が集う食堂、道端の露店までいろいろなところで売られている。

今回は、初めての「Chicken Inn」に挑戦!

見た目は、そのままケンタッキー。

味は。。。ケンタッキーの方が美味しいかな?

ポテトは安定の味でなかなかイケる!

フライドチキン、ポテトセット:300シリング

まとめ

今回、滞在日数が短かったので、あまり多くの場所には行けなかったのが残念。

ただ、日本食があるのにはびっくりした。もっと本格的な日本食が食べられるレストランもあるみたいだし、

結構賑わっていたので、外国人だけでなく地元の人にも人気なのだろう。

やはりコーヒーの国ということで、おしゃれなカフェが多く、ゆっくりできる環境が整っていたのはありがたい。

全体的にみて、市内の中心は本当に発展していて、外国人も多いので、想像以上に危ないといった感じはしなかった。

ただ少し外れたエリアは雑多な感じで危なそうな雰囲気が漂っているので、気を付けて過ごすには越したことはないと思う。


世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサードリンク