何故落ちない!?神秘の巨石 ”ゴールデンロック”

スポンサードリンク


ゴールデンロックってご存知ですか?

テレビや雑誌などでも、時々、世界の不思議な光景として、
度々取り上げらることのある場所。

ミャンマーの旧首都ヤンゴンから、片道4時間ほど行ったところにある

正式名、

チャイティーヨー・パゴダ/Kyaiktiyo Pagoda

 

という寺院。

ここは、観光地としてだけでなく、地元ミャンマーの人たちも、

人生に一度は訪れたいと思い、よく参拝に来る寺院として有名。

ゴールデンロックまでの道のり

 

今回は、PACOさんの友人と一緒だったので、
日帰りツアーに申し込み、ミニバンを貸切にしてもらった。

ツアーは朝が早く、朝5:00には、ミニバンがゲストハウスまで迎えに来てくれた。

ミニバンは、パゴダがある麓町、

“キンプン / Kin Pun”

まで連れて行ってくれる。

 

 

そこからは、山を登るために、専用の登山トラック(荷台)へ乗り換える。

kin-pun kin-pun

これがまた、豪快なトラック。

遊園地のジェットコースターに乗るような感じ。
(ジョイポリスのワイルドジャングルブラザースみたいな)

ちなみに、キンプンには何故か観覧車も??

kin-pun

そんなトラックにすし詰めにされ、トラックが定員になるまで待機。

 

実は、このトラックもかつて30年程前までは、道もなく、
参拝するには歩いて登頂するしかなかった。(片道6時間くらい)

そのため、ミャンマーの人たちも、
それまでは、なかなか参拝に行くことがで来なかった場所。

それが、いまでは道ができ、お年寄りも参拝に来ることが可能になったとか。

 

しばらく待機し、トラックが満員になると、

いざ出発。

kin-pun

 

道はうねうね。

揺れる揺れる。

参拝者のおばあちゃんは思わず、車酔いでΧΧ。

隣のおばあちゃんもそれにつられて、もらいΧΧ。

 

・・・

そんなこんなで、約30分程で山頂に到着。

山頂は、小さな村になっていて、
マーケットやレストランなどがある。

golden-rock

 

寺院の入り口では、
外国人専用チケットカウンターが。

golden-rock golden-rock

6,000チャット

で、外国人パスが貰える。

 

足の悪い人やお年寄りには優しい、担いで運んでくれる人たちもいる。

golden-rock

 

そこから、しばらく階段を登ると、

golden-rock

 

見えてきた、ゴールデンロック!

golden-rock

近くで見ても、何故こんな山の上に、こん何も大きな岩が落ちずにあるのか??

圧倒的な存在感と、その不思議さに驚かされるばかり。
golden-rock

 

このゴールデンロックに近づいて、触れることができるのは、男性のみ。

女性は、少し離れたところまでしか行けない。

そして、男性たちは金泊を貼ったり、熱心に祈りを捧げたりと、

本当に信仰深い場所として大切にされている。

golden-rock

 

スポンサードリンク

ゴールデンロックで語られる伝説

 

また、このゴールデンロックいろいろな伝説があり、

岩の上にあるパゴダの中には、お釈迦様の髪の毛が2本安置されているとか。

昔、インドから来たお釈迦様から髪の毛をもらった、験者(ゲンザ)が、

自分の頭の形に似た岩を海の底から探させ、帝釈天の力によって、海の底から山の山頂まで持ち上げたとか、

golden-rock

はるか昔は、鳥一羽が通れるぐらい浮いていたとか。

golden-rock

そのため、かつてミャンマーに大地震が起きた際にも、

他の建物は崩壊したが、岩だけは変わらず、残っていた。

という、数々の伝説が語り継がれている。

 

そういった数々の伝説も、絶妙なバランスで保っている神秘的な岩を見ると、

本当にそうなのかもしれないと、信じてしまいそう。

 

ミャンマーに来た際には、是非、自分の目でこの神秘的な岩を見ていただきたい、

そして、数々の伝説に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

 


世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

 

スポンサードリンク