ヴィエンチャン最後の夜に

スポンサーリンク



ヴィエンチャン4日目。
そろそろ年末に向けて南下していかないとねぇ〜という話が出ているので
明日寝台列車でタイへ移動することになりました!

年末年始をどこで過ごそうか?!
という会話の中で、”ネパール”なんてどう??とか”インドネシアでのんびりもいいね〜”なんて
飛び交っていたのですが・・・
そんなことしてたら私たちいつまで経ってもアジア抜け出せなくなっちゃいそうなので

年末はオーストラリアで過ごすことに決定!

できればイキイキメンバーと合流して年越しできればいいなぁ〜
なんて考えております♪
目指すはオーストラリアのパース!
まだ住むところも仕事も決まっていないけれど・・・
英語も全然喋れないけれど・・・
オーストラリアでの1年間が私たちにきっと何かしらの経験値を与えてくれるだろうと期待して。

ということで、本日がラオス最後の晩餐でございます!

最近ラオスらしいものを食べてないなぁ〜と思いつつ
「中華にする?」と言って宿から出ようとした矢先。

宿の入り口テラスで食事をするオーナー家族を発見。

 

ビエンチャン食事

”ラオス料理いいなぁ〜”

”何食べてるんだろ??”

「あっ!あれパパイヤサラダじゃない??」

思わず心の声が言葉に出てしまった・・・。

そしたら「そうよ!パパイヤサラダよ!」と笑顔で答えてくれた!
そして「食べてみて〜」とお皿を差し出してくれた♡

ソーセージみたいなおかずも同じように。

そしてお父さんが椅子とスプーンフォークを持ってきて最後の晩餐が始まった。
カオチャック(うるち米)に醤油をかけたご飯が懐かしすぎて感動。

娘さんが英語が上手で色々とラオス語を教えてくれたり、日本語を教えてあげたり。
おいしいご飯を食べながらの会話は本当に楽しかった♪
いつになるかわからないけど、日本に遊びに行く予定とのことで
その時は私たちが案内すると約束をして。

思いがけずご飯をご馳走してもらい、交流ができてお友達になれて心がほっくほく♡

旅に出てからどの国でも、必ず食卓は家族で食べている姿を見てきた。
日本に比べて家族で過ごす時間が圧倒的に多い気がする。

家族っていいなぁ〜。自分も家族で過ごす時間を大切にしたいって気持ちを忘れないでいようと思った。

エムさん・プゥさん・サンディーちゃん

コプチャーイ!!

スポンサーリンク