エチオピアの少数民族に会いに行こう!【カロ族 編】

カロ族,少数民族,エチオピア,karo

スポンサードリンク


さて、エチオピアの少数民族を巡るツアーも3日目の最終日となった。

本日は、この民族巡りの最後のハイライト「カロ族」へ会いに行く。

カロ族は、写真家のヨシダナギ氏が撮ったカロ族の写真が有名で、とても可愛らしい水玉のペイントや、綺麗な装飾を全身に施していてとても魅力的な民族。

そんな彼らに会えることを楽しみに、いざ出発!

ハマル族にメガネ!?

 

昨晩の子ヤギを捌いて食べるという経験から一夜明け。

眠い目をこすりながらトイレに立つと、井戸ではハマル族の青年達が水汲みをしていた。

何気なく、見ていると何か違和感を感じる。

何かがおかしいなぁ〜とよく見て見ると、とても民族らしからぬもの。。。

なんとメガネをしているではないか!?

え?目が悪いの??

アフリカの民族はめっちゃ目がいいイメージあるけど、なんで??

それともただのお洒落?

いろいろな疑問が頭の中で飛び交うが、ともあれ、めっちゃ似合っている!!

で、メガネを外しても、メッチャかっこいい!!

引き締まったカラダに、爽やかなルックス。

そして、メガネとのギャップ!!!

昨晩、子ヤギを軽快に捌いていたとは思えない。

ちなみにこちらはハマル族の女性。

こちらも爽やかな笑顔と特徴的なドレッドヘアーがよく似合う。

 

スポンサードリンク

カロ族へ会いに行こう!

 

カロ族の村へはトゥルミから約2時間ほどの道のり。

カロ族は3つの集落があり、約4,500人ほどが生活している。

その中でも、私たちが訪れたのはオモ河沿いにある大きめの集落で、先日のムルシ族の家に比べると随分立派な作り。

アスマモさんに村の中を案内してもらうと、カロ族の人々がわらわらと家から出て来た。

ちなみにここカロ族でも写真を撮る時にはチップが必要(一人:5ブル)

そのため、今回も写真を撮って欲しくて「フォトー」「フォトー」と言いながら周りに集まってくる。

うわぁーー来たよーと、思いながら、写真映えがしそうな人を探してみるが、あれ?なんか思ったより普通。

まだ午前中だからなのか、みんなほとんど化粧をしていない。

そこで、リクエストをしてみる。

「ペイントしてくれたら写真撮るよ!」と

そしたら、素直に顔にペイントして、戻ってきた!

本当にやってくれたんだ!と思いパシャり。

カロ族のお母さん。髪の毛がコーヒー豆みたい!!

カロ族の戦士。かっこいい!!!

お花をつけてくれたり。

みんな写真を撮る時は基本的に、証明写真のように真正面を向いて直立不動なので、あまり面白味がない。

そこで、またまたリクエスト!

「ちょっとあっちを向いてみて」と指を差しがならジェスチャー。

そうしたらちゃんと、ポージングまでしてくれた!

メッチャかっこいいじゃないですか!?

オモ河をバックにポージング。

ちなみにカロ族の男性は顔と上半身にペイントをし、女性は顔だけにペイントをする。

この白いペイントは石を細かく砕いてペースト状にしたもの、希望があればペイントもしれくれるらしい。

最後に、全員で集合写真を撮ろうということに。

なんだか、社員旅行みたいな写真になってしまった。。。

時間にして、1時間半ほどだろうか。

お金目的に寄って来てはいたが、前回のムルシ族より幾分かはフレンドリーで、なにより色々と工夫してくれたので、楽しく写真も撮れた。

なにより、念願のカロ族に会えたというだけで大満足!!!

カロ族入村料:1人200ブル
撮影代:1人につき5ブル

 

余談

カロ族の村からの帰り、巨大な蟻塚に遭遇。10mに届きそうなほどの高さ。蟻塚自体初めて見るのにこの大きさって。。

 

エチオピアの民族巡りのツアーもこれにて終了。

 

ホントはまだまだたくさんの民族がいて、それぞれに違った文化を持っているので、それぞれの民族にじっくり時間をかけて周ってみたいのだが、時間も限られているので、今回はここまで。

次の目的地であるケニアに向けて、コンソの村で降ろしてもらう。

ここで、一緒にエチオピアのダナキルツアーから周った、えびちゃんとりゅーじーとはお別れ。

彼らはこれからコーヒーの名産の街「ジンマ」へと向かうらしい。

 

また、今回のツアーを組んでくれたアスマモさんともここでお別れ。

彼は大手のツアー会社とは違った目線で、私たちの希望に合わせてオリジナルでツアーを組んでくれたり、少数民族の普段の生活などいろいろなことを教えてくれ、結果的にすごく充実した時間を過ごせた。

彼にはこれかも是非、頑張って欲しいと心から願う。


世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサードリンク