チェンマイで隠れ家的な図書館発見!

スポンサードリンク


今日はチェンマイ周辺散策!

ワロロットマーケットの近くを歩いている時に図書館?!らしきものを発見。

th_IMG_7498
門の奥には緑が生い茂っていて、惹きつけられるように素敵な通路を進んでみると

th_IMG_7513

 

th_IMG_6769

建物がありました。

 

本当に図書館なのか、半信半疑のまま階段を登ってみると
図書館のスタッフさんが私たちに気づいて声をかけてくれました。
そしてわざわざ図書館の中を丁寧に案内してくれ、知っている日本語でコミュニケーションをとってくれる優しい人でした。
これは2Fの書籍庫。おそらくスタッフとしか入れないと思います。

th_IMG_7505 th_IMG_7503
図書館と言っても、日本語の書籍はほとんどなく、書籍自体も主に仏教に関するものやタイや他国の文学ものが多かったので、お目当の本をここで見つける・・・というのは難しそうですが

ここの何が魅力かと言えば、空間自体が落ち着いていて、窓の外を見れば蝶々がとんでいたり鳥のさえずりが聞こえてきたり・・・とここにいるだけで、心穏やかになります。

th_IMG_6758 th_IMG_6765

 

それに、フリーWi-Fiとコンセントの設備までされています。
エアコン完備、トイレも清潔感があってきれいです。

いつもWi-Fiを求めてカフェを探している私たちにとっては、文句無しの理想な場所でした。

静かに本を読むもよし。カタカタPC作業するもよし。
お金のかからない素敵な場所を見つけちゃいました。
チェンマイで沈没している方にはホントおすすめです。毎度通うには少し遠いですが。
ちなみに・・・
この図書館にあった日本語の書籍で唯一読めるなと思ったものは。。。

 

手塚治虫の「ブッダ8巻」

th_IMG_6767

中途半端な巻でしたが、1冊読んできました。
恥ずかしながら、仏教についてあまり興味のなかった私ですが
漫画効果でしょうか。意外と読みやすく話の前後が気になります。

 

海外に来てからマーケットは探しても図書館は行ったことがなかったし、本屋さんに行っても図書館は探そうと思ったことがなかったなぁ。
今度から各国の図書館も視野に入れていこうと思いました。

 

th_IMG_6761

 


後日ここ図書館のホームページを見てみると
2009-2010年にアジア研究をしているフランスの学校関係者が、チェンマイセンターの敷地内に図書館を建てたようです。そして2011年に一般公開?!
主にタイヤ東南アジアの上座部仏教の資料や宗教学、文学・文化史などを取り揃えています。
閲覧は可能ですが、借りることはできません。

 

th_IMG_7499

[Opening Hours]
Monday-Friday: 8:00am-12:00, 1:00pm-5:00pm
Close: Thai holidays and during the Songkrant festival in mid-April

[Map]
Googlemapにまだのっていませんでした。

[Adress]
131 Charoen Prathet Road, Chiang Mai 50100 , THAILAND

[Phone]
+ 66 53 272 421
[EFEOホームページ]
ChiangMai-Library-detail

 

スポンサードリンク