セブ島の思い描いていたイメージと、この目で見た”現実”

スポンサードリンク


学校の周辺を歩いてみました。
 
みなさんは、「セブ島」と聞くとどんなイメージをするでしょうか????
 
Pacoは、あお〜い透き通るような海が広がっていて、ホテルがたくさん建っているリゾート地をイメージしていました。
実際、ヤフーとかで検索しても綺麗な写真しか出てきません。
そんな固定概念を持っていたものだから、学校から一歩外に出てみて、そのギャップに驚きました。

セブ島の現実 

ボロボロの洋服を来た子どもたち、鶏や犬たちが木に繋がれて泣いていたり傷だらけになっていたり、大人は桶に水をはって洗濯かぁちゃんしてるし、道にはゴミだらけ。。。

狭い小道を抜けてくと川があるのだけれど、ドブの匂いを通り越して思わず

おぇっ・・・・

と鼻と口をふさぎたくなるようなものでした。

th__MG_1429 

 

そんな私たちをよそに
「この人たち何者?」と思っているのか、不思議そうな表情をしながらもみんな興味を持って話しかけてきます。

そして口々に

「Take a photo !」

と言って決めポーズをとり、撮った写真を見せると満足気な表情。

th__MG_1423 th__MG_1438

フィリピン?!セブの人はどうやら写真が好きな様子。
そして人と話したり関わったりすることがとっても好きなようです。
初めてあった私たちを笑顔で迎えてくれる人がたくさんいました。
 
スポンサードリンク

目の当たりにした貧富の差

一方道路一本反対に超えると、ショッピングモールがででん!と建っていて近代的。

その中には綺麗なお洋服を来た人たちが優雅に買い物を楽しんでいます。
子どもたちだって、たっくさんのブロックに囲まれて有料プレイルームで遊んでいました。。。
th__MG_1469 th__MG_1463
 
この貧富の差・・・
 
ホントに道一本の境界線で目の前でこんなに生活が違うのかという現実を、うまく飲み込めないでいます。
 

やっぱりストリートチルドレンは、外国人やお金の持ってそうな人に「money」といって手を出してついてくる。携帯なんかも油断してるととられてしまう。

 

こういった類の事件・事故は頻繁に、そして現地の人でさえも被害にあっているみたいです。

セブに来て2日目。
現実を目の当たりにしたのでした。

世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサードリンク