魅惑のB級テーマパーク “ブッダ・パーク”

スポンサードリンク


ビエンチャンの観光地を探していると、
なにやら、怪しげなテーマパークがあるとのこと。

その名も

”ブッダ・パーク”

 

 

ビエンチャンからバス、タクシーでも行けるが、
私たちは、スクーターをレンタル(80,000K+ガソリン20,000K)

ある地点までは道が舗装されているが、
途中から未舗装の道。
道に迷うかもと思ったが、約1時間ほどで
案外すんなりたどり着いた。

 

入場料:5,000K
バイクパーキング:5,000K
カメラ持ち込み料:3,000K

buddha-park

 

その名前の通り、ブッダの彫像がいたるところにある。

園内でも最も大きな彫像(かぼちゃ?にアンテナがついたような)には、
口の入り口から中に入ることができる。
中にも仏像が、
ブッダパーク

さらに登ると、外に出ることができる。
そこからは園内を一望できる。
それほど広くはないが、無数の仏像が見える。

buddha-park

他には、寝釈迦がいたり、
ヒンドゥー教の仏像のようなものがあったりと
いろいろな奇妙な彫像を見ることができる。

buddha-park buddha-park

 

正直、宗教的に詳しくないので、
一つ一つの意味などはよくはわからない。

奇妙な仏像たちを眺めていると、
日本の地方都市にもある、人形館などのB級テーマパーク
に似ていると感じた。

スポンサードリンク