オーストラリア・デー / Australia Day

スポンサードリンク


毎年1月26日は「オーストラリアデー」という国民の祝日で、日本で言う建国記念日です。
(正式にはオーストラリアの建国記念日として定められていないようです。)

「1788年植民を目的に、イギリスの艦隊がシドニーコーブに到着したことに因んで定められた。」
とWikipediaに書かれています。

日本の建国記念日と違う点は、オーストラリア人であるということの素晴らしさをお祝いする日であり、この日はオーストラリア人にとってとても大切にされています。
シドニー湾に船艦が到着したということもあり、シドニーでは大規模のパレードやコンサート、花火大会などが行われていたり、各地でもオーストラリアの文化展示会、フリーブレックファーストが振舞われるなどのイベントが行われます。
また、新たに市民権を得た人たちの国籍授与式のセレモニーも行われるそうです。

と言っても、イギリスの船艦はオーストラリアを植民地として侵略し、多くの囚人をこの地に送ったので
先住民であるアボリジニにとっては、よく思っていない人も多いのではないでしょうか。

 

そう感じている人たちもいることを理解した上で、オーストラリアデーを体験してみました。

お世話になっているお家のご主人MAXさんが教えてくれた、オーストラリアデーの過ごし方は

朝食BBQ→日中はビーチやパーティなどで過ごす→家族で集まってディナー→花火大会

こんな流れでした。やはり家族や友人と1日を過ごすんですね。

車や家にはオーストラリアの国旗が飾られていて、イベントなどではボディペイントで国旗をペイントしていたり
町中がオーストラリア国旗であふれています。

朝はMAXさんが朝食BBQを作ってくれました。
朝食BBQといっても重たくなく、食パンの真ん中に丸い穴をあけ、その中に卵を割り入れて焼いた
ものとソーセージでした。(写真を撮り忘れてしまった。。。)

 

近所にあるビーチ。

th_IMG_8190 th_IMG_8227

 

夕方は家族でBBQ!オージーはBBQが大好きです。
別々に生活している娘さんと息子さんも集まってきました。

th_IMG_8231 th_IMG_8235

th_IMG_8234 th_IMG_4890

家族で過ごす時間をとても大切にするオージーの人たち。
週末にはたまに子供たちが帰ってきて家族でビリヤードを楽しんだり一緒に食事をするために帰ってきたり・・・
家族が中心となった生活に感動です。そして、みんな自分の国のことを大事にしているんだなぁと感じました。

夜はMAXさんがロッキンハムで花火大会があるというので、行ってみましたが正直しょぼかったです。
シドニーやパースシティの方では盛大な花火がみれると思います!

 

日本のことを振り返ってみると、祝日として日の丸の旗を掲げている家や市営バスの姿を見ることはありますが、
建国記念日を盛大にお祝いして国民が盛り上がっている姿を見たことがあるでしょうか・・・。
(中にはお祝いしている人もいるのかもしれませんが。)
国民性の違いを感じずにはいられませんでした。


世界一周、ブログランキングに参加しています。
下のアイコンのクリックで、1日1回、ランキングに反映されます。

応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(怪しい広告には飛びません)

スポンサードリンク